デジタルイノベーションで
脱炭素化社会を実現する

想像力と実行力で地球の未来を創る

想像力と実行力で
地球の未来を創る

Mission

デジタルイノベーションで脱炭素化社会を実現する

我々は全世界規模の課題である気候変動問題に対し、デジタルイノベーションを活用した問題解決に取り組んでいます。
脱炭素化を進めるためには、太陽光をはじめとした出力の安定しない再生可能エネルギーを、蓄電池やEVと行ったエネルギー貯蔵技術の有効活用やエネルギーを利用する需要家側の行動シフトを通して、いかに有効活用するかが重要です。我々は企業と市民がエネルギーを最適利用するシステムの実現に向けて、デジタル、エネルギー、ファイナンスの専門集団を形成し、脱炭素化という社会課題の解決に貢献します。

代表取締役CEO 宮脇 良二

value

地球へのリスペクト - 海と山を愛する集団

チームワーク - One for All, All for One

プロフェッショナリズム - 顧客第一主義, 成果主義

デザイン思考 - Yes, And & 行動第一 & 素早く形にする

テックカンパニー - 全員エンジニア, ニューテクノロジーの追求

”シリコンバレー”×”福岡”のイノベーション

”シリコンバレー”
×
”福岡”のイノベーション

Service

アークエルエナジー

  • クリーンエネルギーの最適運用を行うクラウド型システムを構築・提供
  • ナチュールエナジー

  • 電力小売事業を運営
  • アークエルデジタル

  • 地域経済の中心を担う企業様に対し、デジタルトランス フォーメーションに関する企画支援、導入支援(IT開発 等)、教育支援サービスを提供
  • 都市ガス会社のデジタル化を共同推進するGDNを運営
  • アークエルレポート

    One for All, All for One

    One for All,
    All for One

    Our Team

    MIYAWAKI RYOJI

    アークエル テクノロジーズ株式会社  代表取締役 CEO Founder
    元スタンフォード大学  客員研究員 ( 2018年9月〜2019年8月 )
    九州・アジア経営塾  指導パートナー ( 2011年- 現在 )

    最終学歴
    一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 修士

    アクセンチュア株式会社( 1998年4月 - 2018年6月 )にて電力・ガス事業部門統括マネジングディレクターとして活躍。
    エネルギー企業、政府官公庁、エネルギー周辺企業を中心にサービス提供。IT・デジタル戦略、営業・マーケティング戦略、組織風土改革、大規模プロジェクトマネジメント、スマートシティ設計を専門とする。
    エネルギー業界において講演、寄稿など多数。2020年4月よりガスエネルギー新聞に隔週にて「デジタル先進都市 深圳最新事情」を連載中。

    NISHIMORI YUSUKE

    アークエル テクノロジーズ株式会社 取締役

    約17年間、アクセンチュアの電力・ガス事業部門において、コンサルティング業務に従事。

    電力ガス小売部門に対する、業務改革・IT戦略策定支援からシステム導入までの経験多数。システム方法論の構築・社内の展開・定着経験を持つ。

    社内デジタル組織の立上げ・育成含む、企業のデジタル化戦略策定、実行計画・推進の知見・経験あり。

    コンサルのプロマネ / 新規案件の営業 / マーケ / リクルーティング / オフィスのお世話などを担当。

    MIYASAKA SYOHEI

    真空ポンプ及び発電所向けプラント設計、3次元モデルの設計及び解析を経験。

    販売管理システムの基本設計、詳細設計、開発・テストに従事。

    Pythonによるソフトウェアサービス開発を担当。

    TABATA ERI

    IT企業のバックオフィスを経験。現在は、アークエルテクノジーズ株式会社の総務・人事・経理担当。

    AOKI​ DAIICHIRO

    コンサルティング会社にて、上場企業の基幹システム構築、ポストM&A期の全社業務の再構築、新規事業立ち上げ等のプロジェクトに参画。

    上場企業の戦略子会社で人材関連サービスの事業責任者を経験し、取締役としてベンチャー企業2社の立ち上げを経験。

    KOHARA SYOHEI

    アクセンチュアで約6年、ポータルサイト等のWeb系フロントシステムから、基幹システムの構築など、幅広くシステム開発を実施。

    画像解析を用いた欠品検出システムの開発など、AIアプリ開発も経験。

    エネルギー会社向けDXコンサルを担当。

    KAI AZUSA

    約4年間、アクセンチュアの素材・エネルギー部門においてコンサル業務に従事。

    石油・化学業界に対するプラントのデジタルトランスフォーメーション支援における推進計画立案、実証実験、社内展開の経験を持つ。

    GDN、EVチャージの最適化サービスのPoC推進など新規事業開発を担当。

    MATSUO MITSUYOSHI

    複数の日系メーカー・海外スタートアップで、事業企画、蓄電池の設計・開発、製品開発推進やQCサークルによる改善活動・業務効率化推進を経験。
    エネルギーマネジメントシステムの開発推進やエネルギー会社のDX支援業務に従事。

    KAWAHARA HIROYUKI

    大手ECグループでECサイトの開発保守からAPIの作成、Androidアプリの開発保守等を経験。

    社内アプリの基本設計、詳細設計、開発テストに従事する。

    FUKASAWA HIDETOSHI

    精密機器メーカーにて医療機関を対象とした法人営業、人材関連のwebサービス立ち上げとSNSを活用したマーケティング活動を経験。

    新電力事業の立ち上げを担当。

    MATSUO HARUKI

    学生時代は新規事業開発でマーケティングや事業運営、日系企業に就職後は法人向け営業企画や提案活動を経験。

    BIツールでの市場分析と新電力事業の財務モデル構築を担当。

    TAKIMOTO YOSHIKI

    大学及び大学院では機械学習モデルを用いて脱炭素化触媒の活性向上の研究、量子力学計算及び統計力学的手法でのシミュレーションによる生体内酵素反応の研究を経験。
    第二新卒として入社し、現在は最適化運用シミュレーション及びPythonによるデータ分析、アプリのバックエンド開発を担当。

    FUJISAKA SHO

    約7年間、建材メーカーにて生産技術者として、ライン合理化や新規ライン構築などに携わる。業務改善による生産性・品質向上、コストダウン案の立案、企画、導入など、製品原価低減に関する経験を持つ。
    アークエルテクノロジーズ入社後は機械学習モデルを用いた電力価格予測、顧客の電気利用料金の自動計算、EVの充電料金自動計算などのプログラム作成に携わり、現在はタレントマネジメントシステム導入のコンサル業務に従事。

    TETSUKAWA MIYUKI

    短期大学で音楽(ピアノ・声楽)を学び、卒業後は事務職をしながら演奏活動を行う。サーバー、ネットワークに興味を持ったことをきっかけに、独学後、AWSエンジニアとしてアークエルテクノロジーズ入社。インフラ構築・運用のほか、電力事業、チャットボットマーケティングを担当。

    SHIGYO AKIKO

    約7年間ブライダル・雑誌取材カメラマンとして活動後、
    SaaS開発のスタートアップでCSチームの立ち上げと統括を担当。
    現在は広報としてメディア対応などに従事。

    AMANO SHINYA

    Linuxサーバー構築からキャリアスタート。
    20年間、バイオベンチャーの社内SE、大手SierのインフラSE、製造業の情シスエンジニア、インターネット広告業のブリッジSEとして従事。
    現在はAWS基盤回りを担当。

    HAYASHI KAZUYUKI

    飲食店にて店舗運営、人材育成、売り上げ管理などのマネジメント業務に従事。リーンシンキングに基づいたオペレーション管理を主に担当。
    独学でプログラミングを学んだ。
    現在の担当業務はECサイトの運営が主。

    KOISHI DAISUKE

    ゲーム会社でテスター、新規 PJTのQAリーダー経て、情報システム部でヘルプデスクに従事。
    現在はフロントエンジニアとして自社サイトの改修を担当。

    KOZAKAI SATOSHI

    約3年間、電力会社にて法人向け電力営業およびエネルギーシステムのソリューション提案を経験。
    ダイナミックプライシング関係の実証事業推進に従事。

    アークエルテクノロジーズ

    持続可能な社会の実現に向けて技術提供し、旅と自然をこよなく愛する集団

    project #1
    ビーチクリーン

    海洋プラスチックゴミなど環境問題の現実を実感し、大好きな自然を少しでも守るべく、ビーチクリーンを行っています。

    project #2
    植樹

    未来の地球により多くの緑を。 能古島での甘夏植樹をはじめ、苗木を植えることで環境改善へ貢献しています。

    project #3
    テクノロジー

    テクノロジーとの融合を止めません。 よりクリーンで、より便利なライフスタイルの実現を目指しています。

    project #4
    イベント協賛

    わたしたちはTHINNINGの活動を応援をしています。同じ志のチームや団体への協賛や共同開発など、広い視野で環境問題に取り組んでいます。